今日から俺はドラゴンズ!!

2017年5月よりブログ開始。素人ながらもドラゴンズ野球をダラダラと語る、そんなブログです。

初回に全てが決まる

初回当たり前のように野手が3人でアウトとなる。同じく当たり前のようにアウトが取れず3点を取られる。初回で決まったといっても過言ではない。

この後1点も取れないのではないか、3点で済むのか。この不安を抱えながら跳ね返す力は今のチームにはない。これはもう仕方ない。昨日の結果も含め勢いと経験がモノを言う。いきなり出来るものではなく、これから作り上げるしかない。

吉見は良くも悪くも『いつも通り』。毎試合自分の実力を発揮している、これからもそうだろう。あとはチームが我慢できるか。ここは特別な意図があるかもしれない。私が知らないだけかもしれないが、吉見は自ら他の選手に教えるタイプではないと思う。ただ姿勢は十分見せられているのでチームにとって価値のある選手なのだろう。

ただ今日はもっと打って欲しかったな。福田はダメな時は分かりやすくダメだ。辛抱強く待って上がるタイプでもないので明日はスパッと変えられそうだ。

それにしても東京ドームに流れるファンの歓声、応援歌は雰囲気がいい。違和感なく聞ける。この時点でドラゴンズという球団は完全に負けている、巨人がスゴイのか?違う。これくらいも出来ないのだ。

かけているお金の違いだという人もいるかもしれないが、私は違うと思う。ナゴヤドームの右翼席から流れた曲は誰が聞いても『くだらないクオリティ』だった。この『クオリティの低さ』は開幕前から聞いたことがある、コロナ騒ぎなど関係ない。

勿論このような事態の為に作ったものではない、それも十分理解している。じゃあ何を目指して作ったのか?ファンですら車で聞かない。製作に関わった人には申し訳ないが言ってしまう『上に言われたまま最低限のものを作っただけの仕上がり』。水木一郎、松平健の歌を聞き、どうすればチームが盛り上がるか本当に考えたのだろうか。もしくは十分任せられる人材に委ねることが出来たのか。俺達が作った曲がチームの勝利に繋がるかもしれないと愛をこめて作品を作ったのか。

さらにそれを何の疑問も持たず使用した人間がいたのだ、ファンがいないとはいえ公式戦にだ。能力や時間の問題ではない。センス、遊び心、ユーモア、余裕、経験、自信全て無い。本当しっかりしてくれ。

チームは3連勝の後に2連敗。1勝しないと危ない空気が流れる。明日こそ絶対勝たないといけない試合、早々と脱落するわけにはいかん。頑張れ梅津!




決して悪くない

初回はどうなるかと思ったが、大野は見事に修正する。内容は菅野が上だったかもしれないが、能力を十分発揮したのは大野、”点数”ではなく”%””で勝負すれば大野が勝っていた。ただスポーツである以上、相手の点数を上回らなければ勝てない。打てない野手が悪いのではなく、こういう展開の試合だったと言い聞かすしかない。

6回に出た坂本の一発は技術は勿論、東京ドームの戦い方を知っている。ドラゴンズ選手に求めるのは酷だろう。ただ7回のミス、勿体ないというよりも純粋に1点差でドラゴンズが追いかける試合が見たかった。誰が悪いのか分からないがすでに今季二度目。声をかけない回りが悪い。元から決めとけではなく、絶対周囲の仕事だ。ファンの声がない静寂気味の無観客とはいえ手を抜いてはいけない。

結局8回に試合は完全に崩れてしまったが、このような展開は往々にしてある。三ツ間を責めても仕方がない。

たった1安打とはいえ善戦した。頑張れよと言いたいが、言っても仕方がない。頑張ってなんとかなるならば、まず大瀬良を攻略するほうが先だ。今日の菅野は無駄なくらい丁寧に投げていた印象だ。

アルモンテが登録抹消と苦しい状況になるが、新戦力が出てくるチャンスと切り替えるしかない。ただ彼以上に怖いバッターがいないのは事実。

6連戦が続く日程。来週以降も金曜日はエース級が当たり続ける。大野は菅野相手に堂々と戦った、チームのプラス要素だ、次はきっと勝てる。

明日は吉見、どっちが勝つか分からないゲームを期待したい。

岡野初勝利

岡野がピンチを招きながらも5回2失点で初勝利。5回裏に追加点があれば投げてたか、ただ余力は残っていなかった。『まず一つ』勝利をあげた。

これまでの雰囲気もありビシエドをはじめ自分の間で勝負が出来た。流れを渡さずに勝ちを拾えたこと、5割になったのが嬉しい反面、これで満足してもらっては困る。巨人に勝ち越すことで今年は違うという印象を残してもらいたい。

活躍したビシエドも嬉しいが、なんといっても京田がいい。毎年のように課題をクリアして行く彼のサクセスストーリーはワクワクする。加藤の犠打で三塁まで行き、状態の良さが故意四球も生み、ピンチのマルティネスにも声をかけ、最後は守備でも魅せた。気付けば彼を叩くファンはおらず、まだまだ成長を見たいと願っている。

岡田が連投ということもあり最後はマルティネスだ。勿論文句はないのだが、余裕がある限り誰が出るか分からないほうが有利にも思える。どうしても形が決まっていると準備される、圧倒しない限り粘られる。誰でもいいと思える投手陣を作ることが出来れば上のステージに行ける。

これで裏ローテの先発全員に勝利が付き、大野を除いた先発陣は1勝1敗と数字上の五分となる。これまで素直な勝ち、負けが多い印象。巨人戦はどのような戦いになるだろうか?

阪神の悪い流れに救われ特に深いコメントは無いが、明日からの巨人戦、堂々と戦えるかがカギだ。

福田、木下と一発を秘めた選手も出番が増えるだろう、必ず来るから頼むよ。そんでもって大野が期待に応えると信じ、明日の試合を楽しみにしたい。頑張れ大野!
ランキング
プロフィール
kazudragon_160

素人ながらもドラゴンズ野球をダラダラと語るブログ。 2020年無事プロ野球が見られる!感謝の気持ちを忘れないシーズンにしよう!    
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

応援ありがとうございます。
Amazon


メッセージBOX