今日から俺はドラゴンズ!!

2016年5月よりブログ開始。素人ながらもドラゴンズ野球をダラダラと語る、そんなブログです。

逃げたら勝てない

今シーズン初の甲子園勝利を期待したがダメだった。ついホームランの差と簡単に片付けたくなるが単純な問題ではないだろう。とはいえ長年野手の育成から逃げてきたのだ。これまでを忘れて一から育てる。2軍でこれ以上やることはない!という若手が来るまで今のメンバーで頑張るしかない。

やっとシエラ登場。大事な場面で起用できないゴンサレスに変わって昇格。残り数試合でできることは少ないが折角期待して獲得したのだから頑張って欲しい。ただ何が正解なのかな。福田、直倫と同い年なんて若くもない。結局カッコつけてモヤを出したのを後悔することに。まぁ色々な事情があったと言い聞かせるしかないか。

勝野は勝野らしい内容だった。これ以上を求めるのは酷。ピンチにボーア相手に逃げて四球、これで試合は決したかな。プロ野球を続ける限り、打たれていい場面など来るはずない。逃げていい点差などない。一生逃げる気か?逃げて長いイニングを投げることになんの価値もない。ここは捕手とともに割り切って欲しい。

与田監督が言っていたように速球に弱い。なんでファールボールも差があるのだろうか。早く弱点のない選手、スターが出てこないかな。

Aクラスの壁は大きい。ビジターカードをなんとか見れる形で乗り切り最後追い上げできるか。CSはなくても久しぶりの開幕戦本拠地をファンに届けて欲しい、やっぱり大野に期待になるようだ。

東京ドーム

東京ドームの成績は5勝7敗、一つ勝っていれば5分とまぁ上々だろう。力の差ほど苦戦はしなかった。

このカードは色々な出来事があった。気になったのは石垣の起用法。多くのファンが待ち望んだ石垣はこのカードでケガ人、ホームランが出たこともあり一気に出番が増える。ただホームランが出たが故、使い方を失敗した気もする。とりあえず振り返ってみよう。

初戦ホームランが出たことにより多くのファンから『もっと見たい』『このまま守備につけ』と声があがる。まぁこれは個人的には首脳陣の判断が正しいだろう。冷静に「たまたまホームランが出た」と思える首脳陣で本当に良かった。ホームラン一発でドラゴンズないの相場が崩れることはないし、若い回での交代はありえない。本音では不調のビシエドと代えても良かったが言えない、案外守備の良さでビシエドも残っている気がする。今季はスーパービシエドの時間が短すぎる。

2戦目、スタメン抜擢。これは分かる。ホームランの対価だ。相手投手は畠、まぁ戦いやすい相手だったかな?ドラゴンズが思った以上に打てなかったのはさておき。 

3戦目、引き続きスタメン抜擢。井領でも良かった気はするが、まぁ選択肢の一つとしてアリなのかな。ただそれなりの覚悟があるか気になる。育成というよりも、何かいい流れをという願いが強かったかもしれない。

そして私が気に入らなかったのは7回。石垣の打席で終わったのに代えない。8回表は9番投手で始まるのに、石垣が守備につく、、、何故代えないんだっけ?ここだけは納得できなかった。

ベストケースは一つでも多く石垣にライトの守備を経験させ慣れさせるだが、、、

私は思う。普通に忘れてたんじゃないかと。大した話じゃないかもしれないが、この判断、どことなく「代打三ツ間」を彷彿とさせる。そんでもって松原のスリーベースでハッと気づいた感じだ、彼は本職じゃないよねと。

8回は中川だから9番への代打は右。代打が武田だとしても、直倫だとしても石垣→武田だは不動だったと思う。1点差ゲームならもっと吠えるよ。

誰をスタメン起用にするかは別にいい。ただこの判断だけは腑に落ちなかったかな。基本、上手く試合を運んでいるとしても。

渡辺も代走起用から始まる。この「お預け」は正解なのかもしれない。2軍から上がってきた選手は即戦力ではなく呼ばれるまで誰かを落としてまで欲しい存在じゃなかったということ。少ないチャンスで結果を残さないといけない、これはある種の競争かもしれない。

彼らの真価が問われるのはいつか?それは福田、平田が帰ってくる時に落とされない存在になることだろう。やっぱり武田の守備は頼もしいし、遠藤の便利さも思い切りの良さもいい。井領の粘りだっていい。内野手は今でも人数ギリギリと考えると生き残るには相当打たないといけない。彼らは無事残れるだろうか?

本音を言えば投手が多すぎる。日程が詰まっているとはいえ延長10回シーズン。ベンチに入れない努力も必要だろう。ただルールは来季も継続する可能性はある。

ベンチの幅を増やすと言う意味では来季はもっと強かな選手が出てきても良いと思う。たとえば三ツ俣選手が「7ポジション守ります」と言って自分の需要を高めてもいい。直倫が打撃に集中します、守備練習しません、と言ってくれてもいい。自分の理想だけを追っても意味はなく、チームに適応、貢献することも大事だろう。

試合に出れなくても、数字が残せなくても一軍にいることに価値がある。この気づきがあれば今の遠藤、井領、武田の低いようで高い壁を越えることができると思う。

とはいえ渡辺の打撃も見たいね、2軍とはいえ好調をキープしていたのだ。来週はタイガース戦、3タテされないよう頑張れ。

試合展開が上手い

タイガースでコロナ発生、開幕前ほど叩かれることでもない。一般人よりも出張回数が多く、共同で過ごすことも多いプロ野球。どんまい。

そんな中アルモンテ選手の母親が亡くなったらしい。簡単に帰れない、時差もある、見えない苦労が沢山あるのだろう。外国人選手は想像以上に色々背負っている。そう考えると簡単にアルモンテを超える選手が出てこないのは仕方ないかもしれない。球団は十分ケアし、代役井領も頑張ってほしい。

期待の柳はノックアウト。残念。柳が思い描く理想が高すぎるのだろう。5回3失点に抑える位の気持ちでいいと思う。東京ドーム、ソロはセーフと思わないと逃げて大量失点を生む。

でも首脳陣は気にせずクレバーに試合を進めた。野手陣も気にせず淡々と反撃。しかも石垣は出る、清水もじっくり見れる、彼らが結果を残したこともあり見ていて楽しい試合ではあった。石垣の一発は明日以降チームに良い迷いを生むと期待したい。

平田選手の状況は気になる。ただ残り試合も少なく、他の外野手同様ケガする選手だと改めて認識する必要があるのかな。そう考えると打撃で裏切っても試合に出続ける京田は必要以上に叩かれ過ぎなのかな、期待の現れなんだろうけども。

明日以降はどのような戦いをするのかな不思議とワクワクしてしまう。やっぱり想像と違う試合が見たい。
ランキング
プロフィール
kazudragon_160

素人ながらもドラゴンズ野球をダラダラと語るブログ。 2020年無事プロ野球が見られる!感謝の気持ちを忘れないシーズンにしよう!    
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

応援ありがとうございます。
Amazon


メッセージBOX