今日から俺はドラゴンズ!!

念願の『野球に触れる環境』を手に入れた中日ファンが、ダラダラとドラゴンズ戦の感想を語る、そんなブログです。

2016年12月

中スポの記事

今年最後の中スポの記事は

中日来季ドラフト1位候補は清宮!とのこと。
中田スカウト部長は「ナゴヤドームで30発打てる素材、競合しても指名したい」とラブコール。

競合は間違いなく発生するだろうが、No.1野手、大砲候補は欲しくて仕方がない。
守備位置がどこになるのか等、期待するのは早すぎるが常に競争がある状態が
チームは正常であろう。

少なくともAクラスを目指してほしい。

そして来年もブログ記事のネタ元を配給してほしいものだ。

ではでは良いお年を。。。

レギュラー確定メンバー

今日の中スポの記事は定位置ガラ空きという
野手に発破をかける内容の記事だった。

 中堅 大島
 右翼 平田
 一塁 ビシエド
のみ。

後は競争。一塁だって競争が無いわけではない。
昨年のサードは高橋周平みたいな実績なしの既成事実はツライ。

その中でレフト候補が藤井、遠藤、井領の3人。
これは面白い。

個人的には3番遠藤が忘れられない。
3番打者という大きな課題を解決してほしい。



にほんブログ村


外国人投手が着々と進む

中スポにて160km/h級ロンドン獲得のニュースが発表された。
投手陣はアラウホと二人で終了だろうか。

近年稀に見る大きな期待、お金使い方。
ジョーダンの再契約の話もあるが、ジョーダン側の都合でこうなっているのかは
良く分からない。

これで外国人は競争が始まる。日本人選手以上だろう。

先発は日本人メンバーから出てこないと困る。
競争となった時、孤独に慣れていない、なれ合いのメンバーでは
良い選手は出てくるのだろうか。

森監督も、吉見も本当の孤独を知るべきと伝えている。

言葉で、態度で選手を引っ張てくれると信じている。



にほんブログ村


中日選手の結婚ラッシュ

昨日の中スポでは野村が結婚との記事があり、
今日は木下が結婚の記事がインターネットであった。

どうも我々素人との感覚とは違うためか、
結婚のタイミングはプロ野球選手独特であり、
つい大丈夫か?と思ってしまう。

しかし、それは我々ファンよりも選手の方が前向きであり、
未来の自分に期待しているのかもしれない。

特に野村、木下は活躍してもらわないと困る選手である。

結婚以外にも寮が向いているか、向いていないかというのもある。
だが大島が結婚していたこともあり入寮を免除されたが、1年目から活躍。
具体的な目標を持ちプロになったことから、結局は個人の意識次第。

自分の特徴を知り、チームに必要な役割を考え、一つ一つの勝負に
考える意識を持つ。

新外国人に頼りたいところだが期待の若手が伸びなければ
Aクラスは厳しい。



にほんブログ村


ドラHOTスペシャルを見る

本日は実家に帰っており、ドラHOTスペシャルを見た。

杉下、星野、立浪と中日を支えた人たちが
ゲストとして呼ばれていた。

記憶に残る戦い、守護神、エースと良い時代を
振り返っている番組には今年の選手、今年のシーンなど
一切無かった。

その中でも私も記憶に新しいのは、山本昌の最年長ノーヒットノーラン。

赤星の内野ゴロをサード森野がエラー。
これがワザとだったとか、このプレーがあったからなど言われるが、
早い回だったし、まぁエラーだろう。

この試合や、最後の勝ち星も阪神だった為、
山本昌は阪神に強い印象が強い。

番組最後に中日への激励。

立浪は『勝利への執着』
星野は『地元との共闘』
杉下は『投手陣の整備』

これらを課題に挙げていた。

ごもっともなだけに、足りないことが多い、多すぎる。


にほんブログ村
ランキング
プロフィール

kazudragon

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

応援ありがとうございます。


メッセージBOX