今日から俺はドラゴンズ!!

念願の『野球に触れる環境』を手に入れた中日ファンが、ダラダラとドラゴンズ戦の感想を語る、そんなブログです。

2017年09月

リードを奪うもアッサリ追いつかれる

今日は幸先良くリードを奪うも、寺島降板後は打線沈黙。

中日基準の『若手』打線は結果を残せなかった。

気になるのは周平ファースト、福田サード。

このまま福田がファースト固定になるのを避けたいためか。
周平セカンドとか言うトンデモナイ話も出ているので気にはなる。
セカンドとは言わないが周平は今の打力であれば、もう少し守備の選択肢が
あって欲しいのは正直なところ。

大野はこれで規定に乗ったか。
前半の不調が無ければもう少し見れる数字になったが。。。
にしてもあそこでバレンティンに打たれるか。テンションが一気に下がる場面だった。
調子は良いのかもしれないが、阿部のセカンドにどうも未来を感じない。

阿部が将来的にどんなバッターになるかが見えない。和田のようなバッターになるのなら、
まだしも足もなく、器用に守れる、堂上の控えになってしまう気がする。

今のチームでセカンドは守備は勿論のこと、走力は必須に感じる。

さぁ福田が18号。20号も狙える。京田は1本。このペースでは辛いが、
大当たりの日が一日あれば劇的に変わる。

さぁ少しの楽しみを明日以降も味わいたい。


にほんブログ村

残り6試合

残り6試合で岩瀬、荒木、ゲレーロ、谷、工藤が抹消。
代わりに上がるのは、唯一の野手若手、石垣と、
年齢的に厳しい小川、杉山、友永、石川、井領の6人。

遅すぎるが、まぁ他球団の状況から適当に試合するわけにはいかず、
空気を読んだという意味では間違っていない。

彼らに求めれるのは、何か。まぁ温かく見守っていきたい。

ところで外国人投手はジョーダン以外は戦力外とのこと。
バルデスは本当に頑張った。彼を切るのは相当な覚悟がいったと思う。

彼の調子が良いときに、もっと打線が頑張っていれば、
結果は変わってた。。。ということも無いか。

今年は十分甘えた、次はバルデスがいなくても耐えれるような
先発陣を作り上げて欲しい。

さて外国人はどう動く?
セットアッパー。マシソン、ドリスクラスが欲しかったがダメだった。
アラウホが何故通用しなかったのかはよく分からないが、
内容以上に数字が悪すぎたと感じる。

先発陣。
他球団にはマイコラス、ジョンソンクラスがいる。
一人は欲しい。

となると野手は?ビシエド以外の外国人がいるか?
そろそろ日本人シフトが必要だろう。

そろそろ一般的な『若手』が外野と内野に欲しい。
今いる選手は皆『若手』では無い。

石垣しかいねぇ。やりづらいだろ、普通。
こんな年上ばかりの球団。

今年のドラフトは非常に期待している。

未来の無い不要な選手は一掃されそうだが、
明日の試合が最後の試合にならないように中堅選手は頑張って欲しい。


にほんブログ村




小笠原負けはつくも無四球投球

前回強引に完投した小笠原だったが、
今日は7回を87球2失点。
巨人打線が結構手を出してくれた印象もあるが、
よい投球だったと感じる。

それ以上の快投を見せたマイコラス。
相変わらずの相性の良さと、意地でも勝つとういう中4日、
あわや完投させようという、今日の試合に懸けるヨシノブ監督の
強い意志を感じた。

その逆境の中で打った福田の一発、一つのミスも許されない場面で、
ベテラン工藤の盗塁と、最後は届かなかったとはいえ、良い粘りを見せた。

あわよくば田島のリベンジの場面が見たかったが、
そこまでは上手い運びにはならなかった。

地味に京田はノーヒットと、少しツライか。
可能性はあるが調子は良くなさそう。

これで土日まで試合がない上、神宮でのヤクルト戦と注目度は低いが、
京田の安打記録、福田の20本と少ない楽しみをフルに楽しみたい。


にほんブログ村

プロ野球選手は勝って輝く

森野選手の引退会見。
悔いが無い、やりきった思いが多く込められていた。

全ての選手が経験できない優勝、日本一。
この思い出を、負けが続くチーム状況からより一層
あの時は良かったと感じるとのことだった。

プロ野球選手は勝って輝く

残された選手達には非常に重い言葉かもしれない。
また伝わらないのかもしれない。

ここ5年の選手は、勝つ喜びを知らない。
今季は開幕した瞬間が、チームの最高順位であり、唯一の無借金状態だった中日は
ずっと負けているチームだった。交流戦後上がりそうな時期もあったが、
結局上がりきらなかった。

負けたことに慣れたチームと勝つことに慣れたチームは気持ちに大きな差がある。
来季は99年以来の開幕連勝を飾って欲しいものだ。

5年連続Bクラスとは言え、まだ決して遅くはない。

将来性のある選手をドンドン増やし、常勝軍団を復活してほしい。



にほんブログ村

最終戦勝利!藤井が花を添える。

最終戦、笠原が好投も7回に疲れが見えたか。
押し出し四球で集中が切れた感はあったが、なんとかこの回を乗り切った。

点を取られたことで森野の出番がやってきたのは皮肉ではあるが、
大声援に迎えられて、代打森野登場。いつも通りの表情、雰囲気の中、
結果は一塁ゴロ。
立浪のようにスタメンで出れなかったのは、身体の状態もあるのだろう。

8回、今日絶好調の藤井が追い込まれながらも上手いヒットを見せ、
ここで一発が出れば同点の場面、少し高めのストレートをゲレーロが見事にとらえた。

広島も先を見据えており、100%のメンバーでは無かったとはいえ、
祖父江が0点に抑え、京田の今日2本目の内野安打から、亀澤が送り、
意外性の男、藤井が4安打目のサヨナラヒットを見事に打った。

フルカウントから見事。ここ後半戦、こういう場面の藤井。勝負強すぎる。

花束を渡した藤井が、更に花を添える。
スゴイ活躍だった。

引退試合がこんなに気持ちよく終わったのは久しぶり。
森野の笑顔を見て、本当に勝てて良かった。

最終戦のセレモニー。2,000本など、岩瀬の最多登板など、
イベント尽くしのチームではあったが、最後まで怪我人が多く、
結果は散々。森監督の話は謝りっぱなしだった。

確かに野手は怪我人が多かったが、問題の投手陣は言うほど怪我人はいなかった。
どれだけ怪我人を出さないか、選手を休めながら勝ち進むか。
これが今後の課題か。

強い中日を知る選手がまた一人、現役を退くが、新たな時代は来ている。
もう一度強い中日へ、今年の経験を十分生かし、来季につなげて欲しい。


にほんブログ村

ランキング
プロフィール

kazudragon

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

応援ありがとうございます。


メッセージBOX