今日から俺はドラゴンズ!!

念願の『野球に触れる環境』を手に入れた中日ファンが、ダラダラとドラゴンズ戦の感想を語る、そんなブログです。

2017年10月

ゲレーロどうなった?

清宮、安田を筆頭に、今年は大砲候補が次々と上位指名を受けた。

全体的に野手指名が優先されたのは、期待に応えた大山選手。
選手を信じ、見事に開花させた金本監督のおかげもあるかもしれない、多少。

来季の所属が不明確な大砲。
ゲレーロ、村田、そしてFA権を獲得した中田翔。

今までなら争奪戦になっているのだが、全く話題に上がらない。

それぞれ事情は違う。
ゲレーロは金額、村田は年齢、中田はまだ宣言はしていないが、
今年の成績に加え、人間性が影響していると思われる。

既にプロ野球界全体が長打を優先する野球から離れている。
セリーグで言うと意外と広島、横浜。ソフトバンクだって大砲を揃えていない。
むしろ中日の方が長打を狙った選手を多く並べていた印象がある。

ビシエド、ゲレーロの並ぶ打線。中日が思うほど他球団にとって脅威では無く、
安心して三振で切れる打順になっていた。筒香選手のように相手が勝負を
避けたくなる一流選手にならないと苦しい。

さて、中日はどう動くのか?個人的には村田選手は欲しい。経験を若手に伝える
余裕は十分あるだろう。森監督は村田選手に対し、育成なら、というコメントを残していたが、
流石にそれなりの待遇をしてでも欲しいと思っているのでは、と感じる。

ゲレーロ選手については時間が経てば経つほど、3億ですら高く感じてきた。
本当に他球団で欲しい球団があるのか?この状態で中日に戻ってきても、
モチベーションが高いのか、非常に怪しい。

この育成重視のご時世。ホームラン王にも厳しい評価が突き付けられそうだ。

中田選手は若手と群れる点が非常に気になる。
森監督は常々孤独の大切さを説いている。プロ野球選手に群れる時間などなく、
自分の道を突き進む選手。そういう選手が増えて欲しい。

ところで日本シリーズはソフトバンクが3連勝とし、王手をかけた。
改めて思うことは守備力の重要さ。今宮選手もそうだが、松田選手の守備だって固い。
結果、投手も不安なく、自分の投球のみに集中して投げている、ように思える。

セカンド、サード、ショートに一流選手が揃わないと勝ち進むことは出来ない。
中日は荒木、井端、森野、谷繁がいた時だって、そこまで常勝軍団では無かったのだから。

早く長打偏重主義から脱却し、新たチーム作りへ進んでいって欲しい。
その為にも、もっと若手野手が欲しかったな。。。


にほんブログ村

3名に戦力外通告

ドラフトも終わり、日本シリーズも2戦終わったこの時期、
中日は赤田捕手、金子投手、岸本投手へ戦力外通告。

投手二人はある程度覚悟があったかもしれない。
ドラフトで予想以上に多くの投手を獲り、誰かを切る必要があった。

まず金子投手。野村と同じ2014年ドラフト組だ。

金子投手は今季終盤に上がったが、雨天延期、先発投手の
好投などもあり、まさかの出番なしとなった。各投手必死に
結果を残した結果だろう。

あの時、ほかの選手にチャンスを与えたいから、という贔屓な理由で無いと、
強く信じている。と記事に書いたが、賛否両論となった小笠原投手の初完投。
平等にチャンスを与えるのであれば、あの時様々な選手を投げさせるべきだった。

采配した側は、『投げさせるチャンスを与える必要がない』と判断した。
そのくらい残酷な決断をしたことを決して忘れてはならない。

思い込み、贔屓目なしで平等に自由競争をしないと、選手はドンドン出てこない。


続いて岸本投手
昨年、U-23ワールドカップに選ばれ、支配下も獲得した投手。
フェニックスリーグ参加者は安泰と思っていたが、その結果なのだろうか。
おそらく、入団当初と比べての結果なのか、これ以上伸びないと判断されたのだろうか。

そして赤田捕手。
ドラフトの捕手補強に失敗したこのタイミングで何故?
前回発表が無かったことが意外だったくらいだ。
名古屋出身で、名前に龍が入っていることもあり、
本人も家族も中日に相当の思いがあったのだろう。
若手という年齢でもなくなり、打撃で買われたがここまで成績が出ないと苦しいか。
個人的には、何故この状況でヒゲを伸ばしていたのかと、受け入れ難かった。

とはいえ彼らはまだまだ若く、現役を続けるか、新しい世界に飛び込むか。
今後も頑張ってもらいたい。

新しい人間に期待する分、別れもある。あの堂上兄ですら引退を覚悟した世界。

結果を残さないと生きていけない。相当厳しい世界で彼らは戦っている。
我々には分からない世界なのだろう。


にほんブログ村

汗握る投手戦、勝負を分けた守備力

今日は裏をかくことなく、ソフトバンクは東浜、DeNAは今永となった。
対して、右打者が並ぶソフトバンク打線、もう予告先発で良かったのではないかと思う。

初回から抜群の立ち上がりの東浜に対し、見事に点を取られた今永。
今日DeNAはボコボコにされるかと思ったが、その後の今永の投球、
見事だった。

投手戦となるとシーズン同様、一発に魅力のあるDeNA。
抜群の東浜からボール球を切れることなく持っていった梶谷。
らしさを出した。

走攻守に魅力があるが、三振が多く、粗いイメージのある打者だが、
良い場面で打つ印象。

試合が盛り上がったのは7回のリプレイ検証。
フジテレビがカメラを沢山用意したものだから、後々揉めそうだが、
判定が覆りアウト。ただカメラ判定にここまで時間をかけるか?と思う。

時間がかかればかかるほど、審判に保身の気持ちなどが芽生えていなか、
と勘ぐってしまう。こういうケース、覆るケースが多い。リプレイ判定が多ければ
多いほど盛り上がるのは分かるが、間近で見ながら誤審をしているという意識も
忘れてはいけない。

それにしても今日の試合、遊撃手の守備の差が大きかった。
全てにおいて今宮が圧倒している。高校時代投手としても活躍しただけあって、
肩の強さが全然違う。パリーグは良い遊撃手が多いが、ここまで能力が高いと、
横浜もそうだが、中日もこのまま京田の守備で良いのか、考えてしまう。

松井稼頭夫もそうだったが、身体能力の高い選手は何でも出来る。
投手をやりながら内野が出来る選手、中日も獲りたいねぇ。
藤嶋も投手として芽が出ない間に野手の能力が落ちたら悲しすぎる。

とにかく、二遊間の守備を疎かにするとつまらない野球になりかねない。
二塁手を誰にするか問題。もっとスケールの大きい選手が出てきて欲しい。
そう思った次第だ。


にほんブログ村


ドラフト方針

さて、少し熱が冷めてきたところで
中日のドラフトを改めて振り返ってみる。

今年の方針は3つ。
『足の速い人』、『球の速い人』、『若い人』だった。
脚力と球速は入団する時点で決まっており、(若さもそうだが)
あえて『長打力』を抜いたこの選択は間違っていない。

ただ思った以上に欲しい投手が残っていた為、
期待度の高い野手は取れなかった感はある。

ただウェーバー順で言えば有名どころで言うと、ヤクルトに行った宮本、DeNAの楠本は
獲得しようと思えば出来た。手が出なかったのは、若い人縛りがあったからだろうか。

興味深くはある。

分かっている情報をまとめてみたい。
1位の鈴木は前回多少触れたのでパスするとして、

【石川 翔  投手】
中スポにフィリピン人のお母さんと映っている写真が印象的だったが、
小川投手も2位指名だったな、と思いだした。もう2009年ドラフトか、小川。
石川だが、高校生No.1と言われる投手。球速151キロで球の質は良いとのこと。
柔らかい肩周りと表現されるフォームと表現されており、ケガさえなければ
十分ローテを狙える素材とのこと。
どうもケガが無ければとか、万全の状態で投げたことがほとんどない
などの表現が多い。じっくり育てることになるのだろう。
決して細い身体ではないが、十分身体を作って育てていって欲しい。

【高松 渡  内野手】
聞く情報によると、『三遊間に転がせばヒットに出来る自信がある』や
『通算本塁打11本中9本がランニングホームラン』など、走力のある内野手。
ほめ過ぎな気もするが『俊足強肩巧打の内野手』との触れ込みも。
好守が無いのが非常に気にはなるが、とにかく足が速く、一塁到達タイムが
イチローよりも早いとのこと。今年の中日は京田や亀澤を見て
走力が打力以上に安定した武器になることを実感したと思う。
ショート、セカンドを守るのだとしたら守備力も重要である為、しっかりと
レベルアップしてほしい。そして若いうちに、一軍でどんどん脚を使ってほしい。
好きな有名人イチロー、尊敬する人ダウンタウンの浜田と中スポのミスか、
本人がボケているのかは分からないが、こんな嫌らしいバッターが並べば
相手投手も嫌がるだろう。

今回はこれくらいにして。。。

高校生が多く指名されたドラフト。

2000年以降、高校生の指名は長打重視になっており、低迷を続けていたように
思われる中日。思えば立浪2世、森岡を育てられる環境に無かったころから
低迷が始まったように思える。そう考えると、まだ荒木が一番手にいる現実。
非常に恐ろしいことなのだと感じる。

個人的には、守備、走塁、セカンドでは荒木が一番だと思うが、打撃の淡泊さ、
2番向きでは無い現状から行くと、今後の起用は非常に難しいものがある。
一番の対抗馬は亀澤なのだが、あと一歩脚力、守備に物足りなさを感じる。

勿論チームを盛り上げるキャラクターは非常に貴重な存在ではある。
ただセカンドは亀澤で納得してはいけなくて、亀澤選手以上の選手が必要だろう。
亀澤には脚があり粘る『非常に嫌らしい代打』を目指してもらいたい。

今年ようやく出てきた外野手は松井のみ。ドラフトの野手指名が少なく
クビが繋がった外野手、捕手は多くいるだろう。今年、井領あたりが出てきて欲しかったが、
ダメだった。今は遠藤に頼るしかない。なんとか全然ダメな三振を無くしてもらい
晩年の森野のように、最低限の仕事が出来るバッターへ成長してほしい。

今のメンバーで高いレベルのレギュラー争いが出来るとは到底思えないが、
大学、社会人の野手一人くらい獲っても良かったか、と個人的には思う。

思った以上に根が深いチーム状況、気長に待つしかないのだろうか。


にほんブログ村

日本シリーズ初戦が終わる。

楽しみにしていた予告先発。
ソフトバンクは千賀、横浜は井納だった。

私の予想は外れた。。。予告先発で良かったじゃん。と言い訳をしておこう。

これでウィーランドを2戦で使わないのだとしたら、手遅れになるぞ。
ウィーランドの打撃に期待して3戦目、とかしている場合では無い。

ただ、今日の試合は先発が誰であろうと、千賀を打てなかったことに尽きる。
それを読んでの井納だと強がりを言って欲しいところではある。

正直、日本シリーズという伝統ある大事な試合の初戦が、
このような結果になったことは残念ではある。

ただでさえ思入れの無い両チームの試合、せめて良いゲームをして欲しかった。
まぁ、これは勝手な思いなのだが。。。

ただ羨ましいのは、両チーム日本人選手が十分育っているということ。
今年のドラフトで2軍も多少は若返るであろうドラゴンズ、桑原選手のように
最後までこだわって使い続ける若い選手が増えて欲しい。


ところで、ドラフト直後に左の強打者、堂上兄が戦力外にあったとのこと。

良く分からないベテランを獲るくらいなら、堂上兄をもう一度中日に戻してもらいたい。

そもそもクビになった経緯も、ベテランを切れなかったが為、中間の世代を先に切り、
気が付けば経験ある選手が減っているのが現状に感じる。

今の堂上兄の状態は良く分からないが、左でここまで振れる、
且つ結果をソコソコ出している選手。今の中日には居ない。

スタメンは苦しいかもしれないが、もう一度活躍の場を与えて上げて欲しい。

まぁ戦力外にしているから難しいかもしれないが。。。


にほんブログ村


ランキング
プロフィール

kazudragon

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

応援ありがとうございます。


メッセージBOX