福田が決める。この集中力、成長度合いに嬉しさしかない。

小笠原はナゴヤドーム3勝のメルセデスと対戦。メルセデスの動くボールに打線は苦しめられる。かつてWBCに『動くボールが得意』という強みを持って出場した平田を信じ試合を見守る。

まず加藤が軽打でノーヒットノーランを阻止。とりあえず一安心だ。今日の小笠原は直球が多く、スタメンに復帰した坂本に対しインコースを攻める。コエーな、特に3回の投球は怖かった。ただ得意だからといって攻めないわけにはいかない、この判断は正しい。

6回には危なっかしいファールを喰らいながらも直球で挑み一発を喰らう。少し甘かったかな、色々な思いはあるがドラゴンズバッテリーの決断を尊重したいし、その覚悟を跳ね返した坂本を褒めるしかない。結果的にはこの一発だけだった。

その裏好投の小笠原に代打、仕方ない。代打に出てきたのは今日石橋に代わって上がってきた石川。色々思うところはあるが現場の目を信じるしかない。打席内容は5月に見た石川と変わらない印象だった。勿論1打席で彼を判断するのは難しい。ただチームが彼に合わすわけにはいかず、彼がチームに適応する必要がある。ポジションもなく彼に求められる役割は三ツ俣、亀澤と比べてもハードルは高い。

個人的には5月に良いファールを打った印象が今でも残っており、一発長打を秘めた打者だと理解している。その中で今日は振らないといけないカウントでは振っていたので評価はできる。あとは結果が欲しい。

平田が少ないチャンスを演出し福田が決める。しかも2打席連続。良い時の平田が戻ってきたか?今日も大島は7番だったがどうするだろうか。僅差の試合も多く、簡単に大島と京田を入れ替えると下位打線が一気に落ちる可能性もある。明後日の起用も楽しみだ。

中継ぎは藤嶋、ロドリゲスが完璧に抑える。共に自信がみなぎっている。特に藤嶋は一時打たれたが完全に吹っ切れている。残り試合もフル回転で頼むよ。

最後はマルティネスが出て勝利、どっちが出るか分からない左右クローザーは首脳陣が4月に描いた理想形じゃないか。

ヤクルトが阪神を下し、カープは7点差を逆転され4連覇の夢が潰える。明日は首位攻防戦と話題は尽きない。ようやく4位に上がったドラゴンズは一日置いて神宮でヤクルトと戦う。欲張ったことを言えば、ここまで来てスワローズに負けて逆転の灯が消えるのは勘弁して欲しい。

難しい条件とはいえカープと2.5ゲーム差。まだまだ夢を見させて欲しい。